<< 〜今朝のごあいさつ〜 | main | 〜本日のごあいさつ・サボテンと多肉植物の入荷につきまして〜 >>

〜今朝のごあいさつ・古いものの入荷情報〜

お早うございます。待望のお盆休みが始まりました今朝いかがお過ごしでしょうか。

さて、当店この連休中の営業時間につきましてお伝えしなければなりませんでした。

(先にHP等でご案内はしています)

 

本日8月11日(金)は準備作業をいたしますので休業を戴きます。

明日12日(土)は14:00開店〜17:30閉店

明後日13日(日)は13:00開店〜17:30閉店

にて営業をいたします。どうぞ皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

先日、店主自ら仕入れ先を訪問し古いものをかずかず求めてまいりました。

明日からの店頭でご紹介いたしますので品物を運んでありますがネットからのお客様にもお届け

できますように今回、画像でご案内の品すべては店頭にございません。もしお気に召された品がありましたら

店頭で店主にお声を掛けて戴くか、当店サイトのお問合せへご一報くださいましたら在庫の有無とお値段

のご返事をいたします。またひとつだけの品もございますので既に売約となっておりましたら何卒、ご容赦

を賜ります様お願い申し上げます。

 

 

 

 

↑渋い緑の木製什器。長年、縫製工場で使われていたそうです。今回は縫製工場関連が多くございます。

寸法はおおよそ幅60x高さ90x奥行28センチあります。

 

 

↑糸巻を挿し込む木製の芯でございます。おおよそ直径2x長さ18センチあります。サボテンと多肉植物のためにどう

アレンヂすべきか店主とも打ち合わせをしております。

 

 

↑同じく糸巻の芯棒であります。使い込まれた年季の美しい風合いになりました。

 

 

↑薄い桃色の鉄製キャビネットでございます。寸法はおおよそ幅46x高さ61x奥行36センあります。

相当にしっかりした鉄板をプレスして組んでいますので華奢ではなく丈夫な造りになっております。

おそらく昭和30〜40年代にかけての製品ではないでしょうか。

 

↑扉は型板ガラスの代表者、モールが嵌め込まれております。この時代の事務用什器にはこのガラスがよく使われて

いたようですね。しっかりとした取っ手も健在であります。

 

 

↑内部にはこれまた、しっかりとした鉄製の棚板が3段入っております。

 

↑白い鉄パイプがアーチを描く車輪付きのワゴンでございます。寸法おおよそ幅50x高さ60x奥行40センチあります。

しっかりとしたラワン材の棚板がビスどめされています。

 

↑長い旅路を走った車輪も未だ現役であります。

 

↑同様のワゴンはもう一台ございます。寸法も同じくおおよそ幅50x高さ60x奥行40であります。

上段のみラワン材の棚板が取り付けられています。

 

↑中段、下段は洒落た意匠の網棚になっております。

 

↑こちらは同じく縫製?工場にて何かしら収納に使われておりました青いしっかりとした造りの鉄製の箱でございます。

寸法はおおよそ幅45x高さ36x奥行20センチあります。くり抜きの持ち手も配置されております。

 

↑あちらこちらの痕跡からこの什器が辿った歳月に想いを馳せるのも一興ではないでしょうか。

 

↑美しい意匠の鋳物製。練炭をいれて暖房に使われていたのではないでしょうか。昔、掘りごたつでこのような鉄製の

箱を置いて温めていたのをご覧になったことはございませんか。しかし寄せ植えなどにも使用できますように底に

穴開け加工をいたしました。寸法はおおよそ幅23x高さ10x奥行17センチあります。

 

↑ブリキ製、鉄琴の玩具でございます。バチは失われておりますが、ややくすんだ色味によい雰囲気があります。

寸法はおおよそ幅29x奥行11センチあります。

 

↑数字とアルファベットとともに動物が可愛らしく描かれております。

 

↑フクスケ、のタイポグラフイが洒落たブリキのふた付き箱でございます。これは予備のミシン針や調整工具をしまっておく

ための箱でありましょう。箱の中には仕事に懸ける職人の息吹きが残っているかも知れません。

 

↑こちらはきっと、足踏みミシンの正面に付く物入れでありましょう。わたくしも幼少時代、足踏みミシンの下に潜り込んでいたときに思いがけずパタンと開いてハッしたことを思い出しました。

 

↑これこそ縫製工場を代表する品とお話できるのではないでしょうか。とはいえ、わたくしも素人なのですけれども

織機の横糸を通す糸巻を取り付けるシャトルという名称であるそうです。

 

↑どこか新幹線の玩具のようですけれども、寸法はおおよそ幅38x太さ3センチあります。中央のくり抜き部分に糸巻を

挿し込むようになっております。機能美を今なお放っているように感じます。

 

↑糸巻を挿す鉄の芯棒であります。実は店主からこれにミニサボテンを植え込みましたとの知らせがありましたので

写真が届きしだい皆様にご紹介いたします。

 

↑アルマイトの弁当箱のオカズ入れではないでしょうか。使われていない新古品のように感じます。小さな寄せ植えなどに

如何でしょうか。寸法はおおよそ幅10x深さ2〜4センチあります。

 

↑アルマイトの歯ブラシ立て?と思われます。穴が沢山ありますので水はけがよさそうです!

 

↑剥がれかけているラベルですけれどもゾウの絵やELEPHANT、OSAKAなどと読めそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは皆様、熱中症にお気をつけてそして安全運転で良き休日となりますように!

 

 

http://www.tot-ziens.com/

 

at 09:09, hikoukigumo77, お店の商品達

-, trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 09:09, スポンサードリンク, -

-, -, - -

trackback
url:http://tot-ziens.jugem.jp/trackback/755